漢方薬や生薬の種類

>
この記事をシェアする

漢方薬と生薬の違いを知ろう

通販で手軽に買える漢方の風邪薬

漢方薬は沢山の生薬の組み合わせからできます。
複合した生薬を煎じて飲んだり、煎じたものから水分を取り除き顆粒にしたものを服用したりします。
どちらも通販やドラッグストアで入手できます。
一般的に保険適用となっているものの種類としてはおおまかに150種類と言われていますが誰もが知っているようなよく使われる漢方薬は数十種類くらいに縛られると思います。
風邪に関しては病院で保険診療で提供してもらえる漢方薬として「麻黄湯」や「葛根湯」が有名ですね。
葛根湯は初期症状に効果があると言われ、兎に角風邪かなと思ったら熱などが出る前に早めに飲む薬で、鼻炎にも効果があると言われています。
麻黄湯も初期に服用するものですが、インフルエンザにも用いられます。
風邪の症状が進んだ場合「麻杏甘石湯」などが使われます。
全て通販でも購入できます。

消化器系の症状を和らげる漢方薬

消化不良や胃痛腹痛などに効き目があってネットやドラッグストアで購入できる漢方薬にはどんなものがあるのでしょうか。
自分は胃弱なので、胃腸に効く漢方薬を試したいと思って調べてみたら、あれこれ沢山の難しい名称の漢方薬が出てきて、混乱してしまいますね。
幾つかあげるとしても、六君子湯、半夏瀉心湯、安中散など、様々ですが、全て細かな症状や体質によって一番相応しいと思われるものを選ぶという事になります。
生薬の配合内容も出ていますので、色々学んでみると、漢方薬には「黄連」「甘草」など色々に使われています。
黄連は日本でも四国に多いオウレンの根っこですし、甘草は鎮痛作用があり、中国から輸入したものなどが殆どですが、料理の様に配合内容に規定があっても製法や産地は漢方薬メーカーによって違うのでその効果も自分の症状にあったものを選びましょう。
選び方がわからない場合は一度漢方専門の薬剤師に相談するのも良いと思います。


Copyright © 通販サイトで買える漢方や生薬にはどんな種類があるの?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る