漢方薬とは何でしょう

西洋医学の薬の効用は、即効性があると言い、漢方薬は高価で効き目が遅いと言われますが、一概には語れません。
風邪で内科に行けば、西洋医学ではその症状を抑えることがメインになり、熱があれば解熱剤、痛みがあれば鎮痛剤、咳やくしゃみがひどい場合はそれらの症状を抑える薬が処方されますね。
漢方の考え方は、その人の体質的要因から判断して、例えば免疫力が低下していれば高めるための、血の巡りが悪い状態と判断すれば血流を良くする効果のある生薬などを配合して処方されます。
そのため、結果として頭痛がなくなったり、風邪の症状が和らぐにはある程度の期間が必要となるのです。
しかしながら、風邪などではよく耳にする葛根湯などは、かなりの発汗性があり、たくさん汗をかくことで解熱し、即効性もあると言います。
西洋医学の薬も、自然界の産物から発見され化学反応を繰り返し摘出され生成されたものもあります。
カビから抗生剤ができたり、柳の樹皮に含まれるサルチル酸から頭痛薬のアスピリンができたりしたのですから、漢方の生薬にはかなり効き目があり同時に毒性のある植物も使われているのです。
殆どの漢方薬は通販購入できると言っても過言ではありません。
中薬に比べて病院で処方される漢方薬は若干成分が少なく、通販やドラッグストアで購入できる漢方薬は更に成分が少なくはなるようですが、症状によっては充分効果を発揮できるでしょう。
漢方薬はメーカーによって産地や収穫期などが異なり、料理の様に使う素材によって効果に差が出ると言いますから自分に一番よく効く漢方薬を見つけることも大切ですね。

漢方薬には劇薬になる生薬も含まれています

漢方薬と言うと民間療法の様に考えている人も多いのではないでしょうか。 民間療法は医薬に含まれてない治療薬になります。 広範囲の解釈で科学的根拠のないものも含まれます。 生薬も劇薬成分がある医薬品指定になっているものは取り扱いに関しての資格が必要になります。

Copyright © 通販サイトで買える漢方や生薬にはどんな種類があるの?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る